サイトハウンドについてまじめに考えるブログ
2006.06.12.Mon 原産国のサルーキー

いろんな犬図鑑にサルーキーの原産国はエジプトだの、サウジアラビアだの、イランだのといろいろなことが書かれているが、果たしてどこが本当の原産国なのだろうか?と頭をひねる人がいるかもしれない。

実際にはこれらの国はすべて原産国である。

サルーキーの歴史はとても古く5千年とも7千年とも言われ、
狼からかなり早い時期に分離した犬はサルーキーとして独自の発展を見せた。
東はカザフスタンから西はモロッコまで、アラブ諸国全土でこの犬は飼われ、
そして持ち前の視力の良さと俊足と持久力で家族の食卓を支えた。

アラブ人にとってこの犬は生きてゆく上で欠かせない狩猟のための武器であり、
そしてその静かさからそのほかのけたたましい犬とは一線を引き、アラブ人はサルーキーを犬ではなく
「アラーの神からの贈物」と称し、家長の隣で寝起きすることを許した。
(一方では家長は家族のものの中で特に女性に関しては必ずしも信用をおいてなかったともいえ、またいつの時代もどの国でも狩猟が男性の仕事である事から猟に必要な「道具」としてのサルーキーの管理は家長自らもしくは男家族により行われてきた)
このようにサルーキーはアラブ人の間では「高価なもの」として代々扱われ、決して金でやり取りされる商品などではなく、サルーキーの譲渡は特別な状況下でのみ行われてきた。
たとえば恩人に感謝の気持ちとして、時には貴族に取り入るために最上級の贈物として、サルーキーは家族の女性たちよりも上に位置づけされ「サルーキーを手渡すくらいならば、娘をやったほうがましだ」とまで言われるほどであった。

厳密に言うとアラブ全土では「サルーキー」とは一般に「サイトハウンド」と同じ意味で使われ、必ずしもFCI公認の犬種「サルーキー」と一致するとは限らない。
ある地域ではアフガンハウンドをサルーキーと呼んだり、スルーギーをサルーキーと呼ぶことが一般である。
またこれらの犬種はそれぞれ昔から掛け合わされることもあり、カザフスタンのアフガンハウンド→ステップ型→ショートヘア・アフガン→タイガン→サルーキー→スムース・サルーキー→モロッコのスルーギーというように西から東に向けて犬種の違いは緩やかな変化を見せ、また犬種の特徴は地理的・気候的条件と一致するのである。

これらのことより古代遺跡の中に多く見られるサルーキーの姿は必ずしもサルーキーではなく、当然スルーギーであったりもするのである。

とりあえずここではFCIで言う「サルーキー」について話を進めよう。

サルーキーが砂漠の遊牧民ベドゥイン族にとってなくてはならない存在であったことは周知の事実だが、実際にベドゥイン族の元で見られるサルーキーたちはヨーロッパやアメリカそして日本などで見られるサルーキーとは外見的に少し違っている。
全体的に飾り毛が少なく(またはスムースが多く)、体格も色もとにかくバリエーションに富んでいるのである。

世界的に見るとこれらの原産国からのサルーキーをコンスタントに輸入している国はドイツ以外には見られない事実がある。
ドイツでは輸入サルーキーの合計がこれまでに160頭以上にものぼり、輸入サルーキー第二位のフランスでは17頭でしかない。
ドイツへの輸出国の第一位はイラン、第二位がサウジアラビア、そのあとトルコ、イラクと続いている。(注釈:ドイツには原産国からの輸入サルーキーを多く手がけているイラン人のブリーダーがいる)
その他の欧米諸国ではどうしているかというと、原産国からドイツに輸入されたサルーキーの子や孫を輸入しており、先進諸国同士でまた血の交換を行っているのだ。
このような現象が起こる背景には、サルーキーの評価が原産国で異なっていることがある。

原産国でのサルーキーは基本的に狩猟のための「道具」であるから、当然犬の持つ能力が問われる。
足が速く、長時間獲物を追いかけることができる強靭な体力を持ち、熱い砂漠の上や険しい道を長い時間走っても傷まないパッドそして獲物を瞬時に発見できる視力、獲物をあきらめることなく最後まで追い詰める狩りへの情熱、病気を知らない健康な体とメスの場合は多産であること、これらを持ち合わせたサルーキーは原産国で「最も美しい」と称され、ほぼ強制的に外見上も美しいといわれざるを得ないのである。

言い換えれば先進国にあるような犬種の外見上のスタンダードというものはここでは全く意味を持たず、飾り毛が少なかろうが尾の先が巻いていようが、毛色がブルーであろうが、その犬の持つ能力こそが第一なのである。
こういった経緯があって前述したようなバリエーションがこれら原産国には存在するのである。
しかしこの歴史的なバリエーションは先進国の犬種スタンダードに必ずしも一致するとは言えず、ドッグショーで評価させるのは難しい。

犬種の歴史あってこそのスタンダードであるはずが、1920年代にほんの数頭サンプルとしてヨーロッパに連れてこられた最初のサルーキーの外見を参考にしたがためにスタンダードは全体を見ずして出来上がってしまった。
それから後何度か改正されるものの先進国のサルーキーは原産国のサルーキーとは全く別のものになり、はっきりいうと本末転倒なのである。

先進国の言い分は「先進国の生活体系にあったサルーキーのブリード」で、「都市型の生活には狩りへの情熱はいらない」という。

多くの先進国ではドッグショーの成績(外見上の美しさ)重視によるあまり犬の本質と健康性を見抜きづらく、将来的に大変危険である。
先進国のドッグショーで成績を得づらい原産国出身のサルーキーはドイツでは主にレースやコーシングで活躍しており、これらの能力を持って繁殖許可を得ることができるようになっている。
先進国のサルーキーの将来を考えれば原産国からの輸入は必須であり、繁殖への評価として当然であるとドイツは考える。

ドッグショーといえば先日面白い話を耳にした。
今年アラブ首長国連邦のドゥバイでドッグショーが行われたが、サルーキーの出頭数は原産国にもかかわらずたったの3頭。
見た目に先進国と変わりないこの3頭、それもそのはずオーナーがすべてヨーロッパ人であった。
そしてそのサルーキーたちのリングサイドにはたくさんのサルーキー連れアラブ人が観戦をしていた。
アラブ人たちは自分のサルーキーをショーに出したりはしない。
ショーというものに何の意味合いをも見出さないからだ。
しかしアラブ人は好奇心旺盛な人種なのである。

彼らはお互い知り合うときに「お前のサルーキーを見せろ。そしたらお前がどんな奴か言ってやるよ」と言う。
アラブ人にとってサルーキーとは切っても切り離せない自分の一部なのである。

余談だがサウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)では国を挙げてサルーキーの保存に取り掛かっている。
これらの国にとって国犬ともいえるこの犬種、日本ならば特別天然記念物とでも言うところだろう。

またUAEの首都アブダビの近くにはアラビアン・サルーキー・センターというサルーキーの繁殖場がある。
これを運営するHamad Al-Ghanem氏は4世代にわたりアラブ馬とサルーキーのブリーディングを手がける家族の中で育った。
サルーキーとともに育ち、サルーキーを知り尽くしたこの人間は、資本主義に揺れ動き変化してゆく世の中でサルーキーの将来を懸念し、家業に国のバックアップを受けてセンターを創った。
ここでは年間40頭程のサルーキーが生まれ、そしてトレーニングを受け国内だけでなく先進国へも譲渡されている。
もちろんここでは伝統にのっとりお手軽なドッグフードなどというものは与えておらず、専用のキッチンには過去国内の5つ星ホテルのレストランで働いていたという調理人がサルーキーの食事を作っている。

昔からここでは「サルーキーの食わないものは人間も食わないほうが良い」というそうだから、
アラブ人にしてみれば当然なのかもしれない。

センターのHPでは数々のサルーキーが自然のまま映し出されている。
この光景はきっと何千年前も変わらないのだろう。
ここでは時間がゆっくり過ぎてゆくのである。


| 20:08 | comments(4) | Saluki |


Comment











原産国のサル。どんなんだか触れあってみたいなぁ♪
サルセンターの犬飯もどんなんだろうな。

そうそうずーっと前から書こうと思ってたけどコメント書く時はいっつも忘れてる(^_^;)
こっちとあっち(笑)ブログページからリンクさせてもらってもいいですかー?

From. かおり 2006/06/17 23:41

かおりさん、まいどぉー♪
サルめし気になりますよね。
どうやら過去にナショナルジオグラフィックのエクスプローラーで紹介されたそうなんですよ。
んで、その時のフィルムがこのサルセンターのHPにリンクしてあるんですけど、画質が悪いのとすべてはリンクされていないのとで、いまこのときの番組を図書館利用して捜索しています。
見つかるといいなー。

あっちとこっちのリンク、こちらからもお願いします♪
うちは相互リンクしてないんですけど、いいですかぁ?
From. Kyoko Alscher 2006/06/18 07:55

ナショナルジオグラフィックのフィルム。去年?一昨年?だったかのは回してもらいましたよ。
センターの部屋もほんの少し写ってあと狩りの練習やらなどでした。
それのことかしら?
砂漠で走らせてみたいなぁ♪
リンク近々させていただきまーす!

From. かおり 2006/06/19 01:04

かおりさん
それそれ、ひとつはその一昨年くらいの奴です。
確か2003年のものだったけな?
ナショジオって日本ではやっぱ日本語で語りが入っているのかしら?
せっかくだから主人も楽しめるようにオリジナルかドイツ語版を探そうと思ってるんです。

このセンターのサルネタはそのほかに2回ほど別のテーマでも放送されたそうなんですよね。
合計ではサルネタで1回、ドッグショーネタとアラブネタと全部で3回なのですら。
From. Kyoko Alscher 2006/06/19 05:42

Trackback

この記事のトラックバックURL: http://windhund.jugem.jp/trackback/3