サイトハウンドについてまじめに考えるブログ
2008.02.20.Wed Shahrayar犬舎 その4

今回はShahrayar犬舎による「犬への先入観とサルーキーの実態」について。

■ 先入観 その1「幸せな犬は太めでなければいけない?」
サルーキーをはじめサイトハウンドの姿はその体型からとても目に留まる、都市部においてはナニをさておいても非常に見慣れないものである、と約半数の人間がそう感じるらしい。
つまり道端で二人の人間とすれ違えばそのうち一人はサルーキーの持つ見慣れないその姿に話しかけてくるというものである。
この犬種のスタンダードでは「肋骨3本が見え、6本は手で触って分かること」とある。

■ 先入観 その2「犬は服従的でなければいけない?」
サイトハウンドを躾ける事は可能である。
その際躾ける側に他犬種の場合よりももっと忍耐と犬のモチベーションを揚げることが要求されると同時に犬に対しての期待を大幅に下げなければならない。
サルーキーはけっして情熱的な「レトリーバー」でもなく、むしろほとんどの事項においてシェパードなどと全く逆の性質を持つと言っていい。
一般的な犬の学校などに通う場合、一定の「反抗期」と呼ばれる時期まではとてもよく楽しめるが、その後しばらくの間は一時的に休憩することを私達は薦めたい。
1歳半から2歳頃になればまたトレーニングに対してのやる気が戻り、コマンドも良く覚える時期がやってくる。
同伴犬試験に挑戦するもよし、アジリティやその他のドッグスポーツ(フリスビーなど)はとてもよい気晴らしになるだろうが、確実にいえるのはこの犬種はオビディエンストレーニング(服従訓練)のために生まれているのではないということである。

■ 先入観 その3「サイトハウンドは他犬種より多めの運動量が必要?」
Yes: サイトハウンドは走ることが好きな犬種である。
No: サイトハウンドに限らず他の犬種でも同様に日に3時間散歩をすることを望んでいるはずである。
朝・昼・晩それぞれ1時間、通勤途中と就寝前にさらに近所を一回り、週末には野・山・湖をかけまわり、気が向いたときには自宅の庭でが理想的。

■ 先入観 その4「サイトハウンドにとって自転車引き運動はつまらない?」
3時間自転車に沿って一定スピードで走り続けることはサイトハウンドにとっておそらくしんどい割にはとてもつまらないものであろう。
というのもそもそもこれらの犬種は静状態からの全力疾走、そしてまた立ち止まり周辺を見回すことを好むからだ。
これは「Sit and Shoot」と呼ばれるスプリント・スタイルである。
愛犬とサイクリングを楽しみたいと考える時には自転車の後部に愛犬用のワゴンを取りつけ、ツアーの途中で走る気のなくなった愛犬をはいつかまた自発的に走りたくなるまでワゴンの中で休ませるなどのトレーニングをお薦めしたい。

■ 先入観 その5「柵のないフィールドでのノーリード運動は不可能?」
サイトハウンドは動くすべてのものに興味を持つ犬種であり、通りすがりの自転車やジョギング中の人、走り去ってゆく子供、飛んでくるボール、猫、馬、ウサギ、リス、落ちてくる葉っぱ、買い物袋にスカート、鶏そのほかの小動物、長いロープにズボン...とこれらが傾向的に獲物とされるものである。
ただしトレーニングがなされていない場合の話。
もしも愛犬に呼び戻しトレーニングがなされており、愛犬の興味をそらす術を知っているならば柵のないフィールドでのノーリード運動は可能である。(
トレーニングにはロングリードや乾燥レバー、口笛などが駆使されるが強い忍耐力も欠かさず持つことにより呼び戻しは可能になるが、道路に近い場所でのフリーランはいかなる場合にも避けるべきである。

  ※ 例え呼び戻しトレーニングがなされていてもサイトハウンドは訓練系の犬とは違い、常に100%信用
   できるものではないと言うことを必ず念頭において欲しい。
 

(つづく)

       Shahrayar Chadifa
                            Shahrayar Chadifa






Comment











Trackback

この記事のトラックバックURL: http://windhund.jugem.jp/trackback/14